父

住宅ローンが残っていると、マンションを売ることが出来るのか心配に思う人も多いかもしれません。

住宅ローンが残っていてもマンションを売却することは可能です。その方法はいくつかあり、自分に合った売却方法を選んで売却してみましょう。

%e6%af%8d%e3%81%9d%e3%82%8d%e3%81%b0%e3%82%93

 

住宅ローンが残っている場合のマンション売却 一般売却

一般的に不動産の売却には、住宅ローンが残っている場合、売却する際に残っている住宅ローンを一括返済しなければなりません。

 

父

住み替えで最も大きい問題になるのがローン残債です。

 

一般売却ではローンの残高分+マンション売却にかかる経費を一括で支払わないと売却することが出来ないのがこの方法なのです。

 

資金調達には様々な方法がありますが、一般的にはマンションを売却した金額足りない分を自己資金から調達するというのが一般的です。

 

これは、売却する金額もそこそこ高くさらに自己資金もそれなりにある方大前提の売却法になります。

父

そもそも、住宅ローンは家を担保にお金を借りているので売却する価格が住宅ローンの残債を上回れば問題はないのですが、そういった物件は非常に稀です。

 

ほとんどのマンションは、年々その価値は下がり続け足りない分を自己資金として上乗せしなければなりません。

 

これが、一般売却の住宅ローン残債がある状態で売却するための最低条件となります。

 

ですが、最近では住み替えローンを用意している金融機関も多くあります。

 

これは残債返済用の為のローン商品で、大体200万~300万程度であればフリーローンでも比較的審査が通りやすい商品なので自己資金を捻出できそうにないという場合はこちらを検討してみるのもオススメです。

 

 

住宅ローンが残っている場合のマンション売却 任意売却

マンション売却代金と自己資金をプラスして住宅ローンを一括返済するのが一般売却なら、任意売却はマンション売却赤字分を一括で支払わなくても売却できる方法になります。

 

任意売却にはメリットが多いのが特徴です。

 

競売は転売目的で物件を購入する人も多い上に市場価格とはほど遠い金額で落札されることが多いのでかなりの残債が残ってしまうことになります。

 

任意売却では

 

市場価格にほとんど近い金額でマンションを売ることができます。

 

任意売却は債権者と話し合うことによって無理のない返済計画を立てて少額返済も可能になります。

 

競売後、残債の強行返済を強いられた挙句に差し押さえの可能性がある競売よりは親切な売却方法となります。

 

この他にも、任意売却は手続きに必要な諸費用は物件売却費用から配分されるため競売のような落札されるまでの遅延損害金などの支払いもありません。

 

比較的安心して売却に挑めるのが任意売却のメリットになります。

 

売りたいマンションは任意売却はできるのか?

 

などは専門家に一度相談してみると良いアドバイスをもらうことが出来るので市場価格に近い金額での売却を希望する方は是非一度専門家に任意売却について相談してみると良いかもしれません。


 

住宅ローンが残っている場合のマンション売却 競売

父

債務者が一番忌み嫌うのがこの競売でのマンション売却です。不動産競売というのは、売りたいマンションを裁判所が売る方法のことを言います。

 

競売物件はマンションから一戸建て、土地など不動産所有者が支払いの義務を果たせなくなり差し押さえられた不動産になります。

 

不動産を売却した金額が債務者の返済に充てられるというシステムになっています。

 

競売部件は買い手からすれば、希望する条件の家を格安で購入できたり穴場物件が多かったりと良いことも多いのですが、売り手は不利になってしまうことが多いのがこの競売システムなのです。

まず、落札価格は圧倒的に低く一般売却に比べると2~3割安くなります。

 

ローン残高よりも下回るため、物件売却後も返済が必要になる可能性があります。

 

また、自宅が競売にかけられているのが周囲にバレる可能性も高く、プライバシーを気にする人は要注意です。

 

この他にも、マンションを売却した金額が賃金業者(ローンを組んだ銀行など)に充てられるので引っ越し費用などの経費はすべて自己負担になります。

 

父

返済不能が原因で競売に掛けたのは良いものの落札した金額でローンが残ってしまった場合残りの金額は一括返済するように請求されるのも競売の特徴です。

 

住宅ローンが残っている場合のマンション売却 まとめ

一般売却でも任意売却でも競売でも、マンションを失ってしまうということに変わりありません。

ですが、この3つの方法の中では任意売却がもっとも生活再建につながる方法になるといえます。

 

任意売却は不動産会社が間に入って普通の不動産売却と同じように手続きをしてくれるので、はじめてマンションを売却する方でも安心して利用することが出来るのも特徴です。

 

買い手も広く募集することが出来るようになっているので、競売に比べてマンション売却価格もアップします。

 

この任意売却を行って、高く売ることができれば住宅ローンを組んでいた銀行などの返済に充てることが出来るのでローン残高の回収も可能というメリットを持っています。

 

また、任意売却は物件の引渡し時期の相談も出来るだけではなく、引越しするときの費用などもマンション売却価格から捻出することができるので無理に自己費用を捻出しないでも良いところが特徴です。

 

任意売却は、裁判所の競売とは大きくことなり不動産会社や法律専門家が間に入って残額を交渉してくれたり、売却の手続きを行ってくれるので売り手にとってはメリットが多い売却方法になるのです。

 

父

この任意売却が得意という不動産会社や、弁護士・司法書士も多いの住宅ローン残債がある方で
マンションの売却を検討している方は是非一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】