%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e5%b1%8b%e3%81%a8%e5%a5%91%e7%b4%84%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e7%b5%b5

一般媒介契約

売主は複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことができるのが一般媒介契約です。
ただ、契約する社名は明示する必要があります。

明示していなかった不動産会社の媒介で成約した場合は営業経費などの費用を支払います。
一般媒介契約の場合、報告義務はなく売主は自分で買い手を探すことも可能です。

契約期間は無制限。
また、一般媒介契約の場合レインズへの登録義務はありませんが
任意でレインズへ登録することも可能になります。

一般媒介契約は営業活動が縮小する傾向にある

一般媒介契約は、複数の不動産会社と媒介契約ができる為
入り口を広げることができますが、
不動産会社側は他社に契約される可能性も高いので専任媒介よりは
営業活動が縮小される傾向にあります。

いろんな人に物件を知って欲しい、
様々な不動産会社で紹介して欲しいという人向けの契約方法。

専任媒介契約

専任媒介契約は、1つの不動産会社との契約だけで
他の不動産会社との契約はできませんという契約方法になります。

万が一、他の不動産会社の媒介により成約した時は違約金が発生。
早い話が、浮気したらダメですよという事です。
また、専任媒介契約は、売主本人が買主を見つけたときに
営業経費などの費用が必要になります。

専任媒介契約の依頼を受けた不動産会社は、
2週間に1回以上の頻度で状況報告が義務付けられています。

契約期間は3ヶ月間で延長可能。

専任媒介契約だと販促活動積極的に行う傾向

専任媒介契約は、その物件を売ることができれば
100%自分の利益になるので全力で宣伝活動をしてくれる、
広告を積極的に打ってくれるといったメリットがあります。
できるだけ早く物件を売って欲しい、
積極的に宣伝活動を行って欲しいといった売主にお勧めの媒介契約です。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、専任媒介契約と同様に1つの不動産会社と契約をする媒介方法で
複数の不動産会社と契約することはできません。

依頼を受けた不動産会社には売主に対して
1週間に1回以上の頻度で状況報告が義務付けられています。

また、売る物件をレインズに登録する必要があります。
専任媒介契約と違う点は、専属専任媒介契約を結んだら
売主は自分で買主を探すことができない点にあります。

専属専任媒介契約だとさらに販促活動を積極に行う傾向

契約期間は3ヶ月間で、売主が申し出れば契約期間を延長することも可能。
専属専任媒介契約は、物件は売りたいけど自分で買主を探す時間や余裕がない、
全部を不動産会社に丸投げしたい、
積極的に営業して欲しいと思っている売主向けの媒介契約となります。

3つの媒介計画の比較表

一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
複数不動産との契約不可不可
売主への販促活動報告任意2週間に1回1週間に1回
レインズ登録任意義務義務
売主が買主を探す行為可能可能不可
契約有効期限なし3か月以内 延長可能3か月以内 延長可能

結局どの媒介契約がいいの?

ズバリ言うと「専属専任媒介契約」です。

実際、この契約が一番多いそうです。

一般媒介契約を避けたほうがいい理由

一般媒介契約の場合、複数の不動産屋に販促活動をお願い出来る為、
その分買主を見つけるチャンスが多いように思えますが、
不動産屋からすると、お金をかけて販促活動を行っても
他の不動産屋に買主を先に見つけられたら今までかけた販促費用が全て無駄になります。
そういったことから、一般媒介契約の場合不動産屋は積極的に動いてくれない為
結局買主が見つからないままズルズルと時間だけが過ぎてしまいます。

そうなると専任媒介契約か専属専任媒介契約になりますが、
この2つ違いがいまちわからない方が多いと思います。

専任媒介契約と専属専任媒介契約の違い

売主が自分で買主を探せるか否かです。
専任媒介契約の場合は、売主が自分で買主を探せてしまうという不安が
不動産屋にはあります。
これが理由で積極的に動かない場合があります。

せっかく専任契約でお願いしているのに
積極的に動いてもらわなければ、全く意味がないどころか
それだったら一般媒介契約のほうが良かったということになります。

買主を探すなんて事はほとんどの人が出来ないのだから
ここはちょっとした憂いもなくして専属専任媒介契約にしたほうがいいです。

なんの憂いもなければ、不動産屋も自分の利益の為に必死で顧客を探してきます。