レインズとは

レインズとはReal Estate Information Network Systemの略。

レインズは不動産物件情報交換ネットワークシステムで、
レインズ登録をした会員(不動産会社)のみ利用することができるシステムです。
レインズは不動産流通機構の近代化方策として国土交通省が企画したもので、
1990年~始まりました。

このネットワークシステムは、国土交通大臣の指定を受けた
全国4つの指定流通機構

・東日本不動産流通機構
・近畿圏不動産流通機構
・中部圏不動産流通機構
・西日本不動産流通機構)

が運営しています。

全国の不動産会社が登録しているので、リアルタイムで日本全国の不動産情報を
チェックすることができる画期的なシステムなのです。

専任媒介契約・専属専任媒介契約の場合のみ

レインズ登録義務がある物件は専任媒介契約・専属専任媒介契約を結んだ物件のみ。
一般媒介契約で契約された物件はレインズ登録義務はありませんが
任意で登録することも可能になります。

レインズのルール

レインズは、レインズ登録している不動産会社が売主から不動産売却の依頼を受けて
その売りたい物件をレインズに登録します。
(ただし、専任媒介契約と専属専任媒介契約をした物件のみ、一般媒介契約はこのレインズ登録の義務はありません)

物件を買いたいと思っている買主は、レインズ登録している不動産会社に
希望の条件に合った物件をここから検索することができます。

レインズは、全国の不動産情報交換をリアルタイムでできるため
売主・買主双方にとっても便利で役に立つネットワークシステムになります。

ただし、レインズは一般的な物件情報サイトとは異なり
「売りたい」「買いたい」だけでは利用することはできません。

レインズを利用することができるのは、レインズ登録をした不動産会社のみとなります。

レインズ登録のメリット

レインズには、一戸建てから中古マンション、土地、ホテルなど様々な不動産情報が登録されています。

レインズ登録の最大のメリット

売主にとっての最大のメリットは、レインズに登録することによって
より多くの不動産会社に買い手を探してもらうことができるため、
希望した価格に近い適正価格で早い物件売却が期待できるところにあります。

不動産会社(貸し手・売り手)には、他の不動産会社が取り扱っている不動産情報を
購入者や賃貸希望者に紹介することができるので、仲介のチャンスがかなり広がるメリットがあります。

反対に、買い手・借り手には、まだ不動産情報交換をしていない不動産会社からも
売買物件や賃貸物件の情報をゲットすることができるというメリットがあります。

レインズはリアルタイムで物件が更新されるので、
何よりも早く不動産情報を仕入れることができるシステムになっています。

また、レインズは宅地建物取引業法など法律に基づいて設立されているシステムになるので、
安全を確認・考慮した上で取引が行われている為、
変な物件もなく安心して物件検索ができるようになっています。

また、レインズ登録されている物件の数は日本全国と膨大です。
そのため、レインズでは市場動向や適正価格も
しっかりチェックすることができるようになっているため、
不動産売買を検討している方はこの適正価格で物件を売買することができるのです。