マンション売却時の仲介手数料はいくらかかる?

マンション売却仲介手数料

様々な手続きを完了して、やっと売れたマンション。
ですが、最後に待っているのは”仲介手数料”というお金です。

仲介手数料は売れた物件の金額にもよりますが結構大きい金額になることも多く
この仲介手数料についてしっかりと知識を持っていないと損をしてしまうこともあるので
仲介手数料について色々とリサーチしておくことをお勧めします。

仲介手数料は、不動産会社に対して物件を紹介してくれてありがとう~という感じで支払うお金です。
この仲介手数料は成功報酬となるので契約が成立しなければ支払う必要はありません。

大事なのは、マンションが売れた金額=全て売主が貰える金額、ではないという事です。
この売れた金額から仲介手数料を支払うことになります。

そもそも仲介手数料は宅建業法で上限というものが決められています。
売主・買主それぞれが手数料を支払うのですが、
定められている上限は”売り手・買い手一方から得られる金額の上限”となります。

仲介手数料の上限金額表

マンション売却額が200万円以下売買金額の5%+8%(消費税)
マンション売却額が201万円以上400万円以下売買金額の4%+2万円+8%(消費税)
マンション売却額が401万円以上売買金額の3%+6万円+8%(消費税)

となります。

多くの場合、マンションが400万円以下で売れるということは無いので
「売買金額の3%+6万円+消費税」となるため、
消費税が8%の場合「3.24%+6万4800円」が不動産の仲介手数料になります。

2000万円でマンションを売却した場合

例えば、マンションを2000万円で売った場合の仲介手数料は
3%+6万円でこれにプラス消費税が加わるのでおよそ70万円となります。

大体どこの不動産会社もこの上限金額を手数料としているので、
2000万円の物件を売った場合これくらいの手数料になります。

不動産もボランティアではないため、利益を得ることを目的としています。
ですので、この仲介手数料の値引きに全く応じてくれないということもあります。

上限以内であれば違法ではないため、
上限目いっぱいまで仲介手数料を取ろうとする会社も多いのです。
ですが、値下げ交渉をすることを強くお勧めします。

もし、ここで宅建業法が~だの言い出したらそれは嘘です。
仲介手数料は上限よりも沢山取ってしまうのは違法ですが、
下げる分にはまったく問題はありません。
きちんと勉強をしている営業マンでしたら
ここで「宅建業法により下げることはできない」などと言うことはないのです。

もしかしたら、値下げはできませんとお断りされるかもしれませんが
値下げされたら御の字くらいの気持ちで挑んでみても損はないと思います。

売却したマンションの金額にもよりますが、そこそこの金額で売れた後の仲介手数料は
結構馬鹿にはならない金額なので少しでも支払うお金を安くすれば次に購入した物件の足しにもなります。
是非仲介手数料の値下げ交渉を行ってみてください。

仲介手数料の値引きについて

500万円の物件で約23万円
1000万円で約40万円
2500万円の物件で約88万円

と仲介手数料は結構な金額になります。
せっかく売れたマンションです、できるだけ手元に残るお金は減らしたくはないですよね。

仲介手数料は場合によって多少値引きすることができます。
両手と呼ばれる仲介手数料をとっている不動産の場合、
売主・買主双方から仲介手数料をゲットできるので
その分値下げ交渉がしやすくなります。

また、仲介手数料は宅建業法によって上限が定められているので
それ以上とることはできません、違法です。

この上限というのは、売主・買主一方の上限となります。
一般的に、仲介手数料はこの上限を取っていることが多いのですが
下げる分にはなんの問題もないのでダメ元での値引き交渉がお勧め。

また、最近ではネットの普及で不動産物件情報の広告チラシを打つよりも
安価でラクなネットを利用する場合も多く広告費もそこまで掛からないので
以前に比べて値引き交渉がしやすくなりました。

スマホやタブレットなどを利用して人件費削減により合理化も進んでいるので
こちらからいわなくても仲介手数料を下げてくれるという不動産会社もあります。

仲介手数料のとり方は不動産会社によって様々なので、
不動産を選ぶ際にこの仲介手数料についても色々聞いてみると良いですね。

値引き交渉は契約を結ぶ前に行う!

媒介契約を結んだ後での手数料値引き交渉は非常に難しいため、
仲介手数料の値引きを交渉検討するのであれば
この媒介契約締結”前”に行うようにしましょう。

仲介手数料の値引き交渉がよく話題になりますが、
これが行われるのは媒介契約書にサインをする前のお話となりますので注意が必要です!

仲介手数料を売り買い両方から得ようとする業者について

仲介手数料は、不動産会社によって取り方が様々です。
その中には、売主・買主双方から
仲介手数料をゲットする”両手仲介”というものがあります。

不動産会社は、売買物件や賃貸物件の仲介で手数料を貰います。
この手数料が”仲介手数料”となるのです。
賃貸なら入居する人が賃貸契約をするときに
家賃一か月分ほどの仲介手数料を支払うということがあります。

両手仲介とは

ですが、不動産売買の場合は
売主・買主双方が仲介手数料を支払うようになっているのです。
この売主・買主双方からの手数料を
一社が独占することを”両手仲介”といいます。

両手仲介は、依頼した不動産が自力で買主を見つけてくれば
売り手・買い手両方から2倍の仲介手数料を受け取ることができます。

この両手仲介でウマウマしたいが為に、
不動産会社は不正行為を行うこともあるのです。

例えば、他の不動産会社に買い手を取られないように不動産情報を隠したり、
そもそも宣伝活動を怠けたりという事もありえるのです。

また、自分で買主を探さないと双方から仲介手数料を貰えないために、
その買い手を探すまでに相当な時間が掛かり中々物件が売れないということもありえます。

両手仲介は違法では無いため、防ぎようがないのが事実なのですが
契約した不動産会社が一体どんな宣伝活動を行っているのかを
チェックすれば両手か片手かが分かります。

売却後2週間一ヶ月と全く音沙汰が無い場合こちらから問い合わせて
一体どのような宣伝活動をしているのか聞いてみましょう。
ここであやふやにするようでしたら、怪しいです。

もし不振に思ったり、安心できそうにない場合はその業者との契約を解消し、
また別の不動産会社と契約することをお勧めします。